バイクに必要な手続き|おすすめの保険相談が決め手|まだ見ぬ未来の為に

おすすめの保険相談が決め手|まだ見ぬ未来の為に

メンズ

バイクに必要な手続き

原付

若者の取得が目立つ免許

運転免許の中で最も低い年齢で取得することができる免許の一つが原付免許です。16歳から取得が可能となり、総排気量50cc以下の原付バイクに乗ることができます。各都道府県に置かれている運転免許試験場で、交通ルールを理解しているかを問う試験に合格し、簡単な講習を受けるとその日のうちに免許を取得することができます。高校生でも取得することができるため、公共交通機関の少ない地域では通勤通学の足として、若者の取得が目立つ免許です。原付バイクは運転方法も簡単で気軽に乗ることができます。しかし公道を走るからには交通ルールを守り、安全運転に努めなければなりません。また、事故に備えて保険へ加入しておく必要もあるのです。

忘れがちな保険加入

原付バイクに乗るのであれば必ず自賠責保険に加入しておかなければなりません。全ての原付バイクが加入しなければならないので強制保険とも言われています。ところが総排気量50cc以下のバイクには車検制度がないため、個人で自賠責保険の手続きをしなければならず、申し込みを忘れてしまいがちです。自賠責保険に加入していないと罰則があるだけでなく、人身事故を起こしてしまった際の損害請求を全額個人で負担することになってしまいます。自賠責保険に加入すると、保険に加入していることを示すステッカーが発行されるので、ナンバープレートの左上に貼り付けます。保険の有効期限が大きく表示されているため、乗車前に確認する癖をつけておくと期限切れを防ぐことができます。